本文へスキップ

染料としての無臭柿渋

無臭柿渋の染め方・染色方法についての説明

一般的には熱を加えずに、ただ刷毛で塗ったり(刷毛染め)、液に浸したり(浸し染め)して染色します。

柿渋ギャラリー

無臭柿渋染め・トレーナー

無臭柿渋の刷毛染め

浸し染めしたトレーナーのの上から刷毛染めの回数で濃淡をつけてみました。

無臭柿渋・浸し染め

無臭柿渋の浸し染め

浸し染めしたコットンレース編みのテーブルセンター・花瓶式・コースター等々。

無臭柿渋・糸染めTシャツ

無臭柿渋の糸染め

糸染めされたコットンヤーンで丸編み縫製されたTシャツ。鉄媒染で細い濃淡ボーダーになってます。

無臭柿渋染め・鉄媒染

無臭柿渋の色と媒染

刷毛染めの上に型染めをしたものに鉄媒染を施すと柿渋が反応して黒く変色します。

無臭柿渋の染め方

無臭柿渋の刷毛染め
初心者の型には刷毛染めがお勧めです。生地または製品を広げて刷毛で塗るように染めてゆきます。乾燥させたら水洗いをして上から重ね染めします。この工程を繰り返すことにより段々と色を濃く仕上げてゆきます。又意識的に回数を変えたり濃度に差をつけることによりボーダー調に仕上げることも出来ます。
無臭柿渋の浸し染め
浸し染めは絞る作業が大変ですので厚地とか大型の製品には不向きです。レースとか薄地の短い生地向きです。無臭柿渋液は水で薄めるのがベターです。浸しては絞り絞っては浸すの繰り返しです。      
無臭柿渋の糸染め
綛染めが一般的です。染色方法は浸し染めです。綛を裏返したり糸がくっついて固まらないように注意を払う必要があります。
無臭柿渋の綿染め
綿染めしてから紡績する方法もありますが、これは特殊な世界で一般的には行われていません。風合いが柔らかく色落ちもし難い特徴があります。
無臭柿渋の媒染剤
柿渋は他の草木染めのように媒染剤を使用しないのが特徴ですが、それでも鉄分に反応して黒くなりますので使用される場合があります。
その他詳しくは柿渋情報局のHPをご覧ください           

topページ  サイトマップ

profile

株式会社 柿渋プラネット

〒451-0053
大阪市中央区本町4-7-16
TEL.06-6121-2853
FAX.06-7739-5388